NEWS

TPPについて

TPP 玉虫塗

海外では欧州中心に販売されているTOUCH CLASSICですが、TPPはその他地域での販売の追い風になりそうです。

▼ 東北工芸製作所 公式ウェブサイト / 漆器の海外輸出 TPPの影響について
http://www.t-kogei.co.jp/news/news-news/tpp-kogei/

JAL機内誌 SKYWARD に掲載

JAL-TOUCH CLASSIC

JAL国際線の機内誌「SKYWARD」11月号に、TOUCH CLASSICの記事が掲載されました。東北工芸製作所の歴史、玉虫塗の特徴から、TOUCH CLASSIC誕生の経緯まで、英文で紹介されています。

写真は、TOUCH CLASSICのシリアルボウルとサラダボウル。和モダンな雰囲気で撮影されており、雑誌を手に取るであろう海外のお客様に好まれそうです。魅力的に写し出された自社プロダクトを見るのは、私たち製作者としても楽しい瞬間です。JAL国際線に搭乗なさる機会には、ぜひご覧ください。

▽ JAL機内誌「SKYWARD」にて東北6県を特集
http://press.jal.co.jp/ja/release/201410/003121.html
国内線・国際線の機内誌「SKYWARD」にて、「東北 温かい泉は心も温める」と題し、11月号・12月号 の2回に分けて、東北6県の温泉や日本酒についてご紹介します。さらに機内誌「SKYWARD」の国際線版では、海外のお客さま向けに日本各地の伝統工芸品や味覚などをお土産として紹介する英語記事「Souvenir」にて11月号では宮城県の伝統工芸品「玉虫塗」を、12月号では青森県の郷土玩具「八幡馬」をご紹介します。

d47 MUSEUM 「デザイン物産2014」に出展

d47 TOUCH CLASSIC

d47 TOUCH CLASSIC

東北工芸製作所は、D&DEPARTMENT PROJECTによる渋谷ヒカリエ d47 MUSEUM 「デザイン物産2014」に出展致しました。「伝統あるデザイン。そのリニューアルのお手本を集めました」と銘打たれた本企画展に、宮城の代表的な工芸として「玉虫塗」、「TOUCH CLASSIC」が選ばれています。展示は2014年10月19日(日)まで行われていますので、皆様ぜひ足をお運びください。

詳細は下記の通りです。

● d47 MUSEUM デザイン物産 2014
私たちの暮らす日本のデザイン感覚は今、どんな風に進化しているのでしょう。そして、長く日本の各地で愛されてきた伝統的工芸や風土豊かな食品などの物産たちは、今というデザイン時代にどうリ・デザインをしているのでしょう。本展覧会は47の都道府県から「伝統工芸品の原点」、そして、「そのリ・デザインされた最新物産」を。また、伝統的な食品も同じように「長くその土地に続くもの」と、「それが進化した事例」を並べ、デザイン的物産と位置づけ、d47 MUSEUMのスタイルである47の展示台に同じように集め、日本のデザイン物産の今を俯瞰するように眺め検証するものです。2008年に松屋銀座にて開催された「DESIGN BUSSAN NIPPON」の企画者でもある本ディレクターのナガオカケンメイによる「原点」と「進化」を「工芸」と「食」から選定したその展示から、流行表現に終わらない真っ当なリ・デザインの在り方を確かめてみて下さい。昔から長くあるデザインはどう新しく変えていくべきかという作り手やデザイナーの挑むべきを、確かめにきて下さい。

d47 MUSEUM ディレクター ナガオカケンメイ・黒江美穂

・日時 2014年8月19日(木) ー 10月19日(日)会期中無休
・時間 11:00 – 20:00(入場は 19:30まで)
・会場 d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ 8/ ) 入場無料
・主催 D&DEPARTMENT PROJECT
・公式ウェブサイト
http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=8487004170659930

商品価格改定についてのご案内

平素は、弊社の製品をご愛顧いただきましてまことにありがとうございます。

すでにご承知のことと存じますが、原油価格の高騰を受け、弊社製品に使用する各種原材料に関しても度重なる値上げがございました。その都度弊社におきましても諸経費の削減をはじめとする企業努力により価格の維持に努力してまいりましたが、弊社独自での努力では抗し難い状況となってきております。

つきましては、まことに不本意ではございますが、下記の通り商品価格を改定させていただくことになりました。弊社商品をご愛顧いただいております皆様には諸事情ご賢察の上、今後とも何卒弊社商品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

1. 対象商品および価格
TOUCH CLASSIC商品(下記URLより価格表のPDFファイルをダウンロードください。)

http://www.t-kogei.co.jp/delivery/TC-PriceList20140601.pdf

2. 価格改定の実施時期
平成26年6月1日より
但し、オンライン販売(https://touchclassic.stores.jp/)及び、上杉ショールームでは平成26年6月20日出荷分まで、旧価格とさせて頂きます。

お問い合わせ先

有限会社東北工芸製作所
仙台市青葉区上杉3-3-20 1F
電話番号:022-222-5401
営業担当:佐浦みどり

以上

仙台で国立工藝指導所の歴史を紹介する展示会が開催

【続く物語】チラシ

【続く物語】チラシ

玉虫塗の技法を生んだ国立工藝指導所の足跡を辿る展示会が、仙台ぶらんどーむ一番町商店街のライフスタイル・コンシェルジュで開かれます。5月2日(金)〜6月8日(日)の期間中、TOUCH CLASSICや仙台市との連携プロジェクトなどを展示しておりますので、ぜひお立ち寄り下さい。詳細は下記の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続く物語
-仙台・工藝指導所の足跡-
1928年に仙台につくられた日本初の工芸指導機関「工藝指導所」をご存知ですか?地域に根差す手工芸の近代化を目指して研究・指導がなされ、玉虫塗の技法もここで発明されました。私たちを取り囲むさまざまなモノの背景には、もしかすると工藝指導所の成果が反映されているかもしれません。工藝指導所が仙台に、そして今の暮らしに残したモノづくりの足跡を、工藝指導所から生まれたプロダクトとともにご紹介します。

日 : 2014年5月2日(金)~6月8日(日)
時間 : 10:00〜18:30
会場 : ライフスタイル・コンシェルジュ(仙台市青葉区一番町3丁目11-8 2階)
入場方法 : 無料、直接会場へ。(トークイベントは有料となります)
問い合わせ :
仙台市市民文化事業団 総務課
TEL 022-727-1875(平日:9-17時)
FAX 022-276-2108
申込・問合Eメール : monoto@bunka.city.sendai.jp
仙台市市民文化事業団 総務課
関連リンク : 「モノと暮らす」ウェブサイト http://www.monotokurasu.org

【関連トークイベント】
・5/7(水) 工藝指導所が果たした役割 -工芸の視点から-
http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=7422

・5/14(水) トップデザイナーたちとの対話 -天童木工が受け継いできたもの-
http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=7423

・5/28(水) クレースト × 玉虫塗 -ナノテクノロジーが伝統工芸を変える-
http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=7424

・6/4(水) 工芸の新しい魅力の発信を目指して -仙台市の取り組み-
http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=7425

Page Move